NEWS

包括的業務提携のお知らせ

ピーアール・ジャパン株式会社は9月1日、危機管理やメディア・トレーニングを中心とするコミュニケーション・コンサルティングを手掛ける株式会社大森朝日事務所(東京都中央区、代表取締役:大森朝日)と、包括的な業務提携契約を締結しました。

 

両社は今後、企業や自治体、政党、個人などを対象とする危機管理コミュニケーションやメディア・トレーニング、メディア・世論対策などの幅広い分野で、より高度なコンサルティングサービスの提供を目的に、共同でのプロジェクト実施やサービス開発を展開していきます。

 

㈱大森朝日事務所の代表取締役である大森氏は、時事通信社と共同通信社で計14年間、経済部での企業取材を中心とするジャーナリズム経験を経て、2007年にPR大手の電通パブリックリレーションズ入社。同社でクライシスコミュニケーション部長を務めるなど、危機管理やメディア・トレーニングなどの分野で豊富な実績を積み、2016年1月に独立・起業。同分野における国内有数のコンサルタントです。

 

今回の提携についてピーアール・ジャパン㈱代表取締役の中村峰介は「経験豊かな大森氏との協業によって、両社とも、よりハイレベルかつ信頼性の高いサービスをクライアントに提供できるでしょう」と話しています。
㈱大森朝日事務所代表取締役の大森朝日氏は「高い専門性を持ち、優れた実績を誇る中村氏と協業することで、弊社のサービスがより深化するとともに、両社のさらなる発展が期待できます」と話しています。