NEWS

当社代表が日本パブリックリレーションズ協会「広報・PRスタートアップ講座2017」で講演

170417

当社代表・中村峰介が2017年4月13日(木)、日本パブリックリレーションズ協会が主催する「広報・PRスタートアップ講座2017」(http://event.prsj.or.jp/pr-academy-2017/startup)で、「やっぱり重要!メディアリレーションズはPRの基本~マスコミ関係者との上手な付き合い方」と題した講演(講義と実習)を行いました。

同講座は、比較的経験の浅い広報・PR実務者を対象に3日間、広報・PR実務の基本を集中的に学ぶもので、中村は最終日の午後、4時間半のセッションを担当。レクチャーとグループワークを織り交ぜたプログラムを実施しました。

当社代表・中村峰介が「公益一般法人」に寄稿

当社代表の中村峰介が「公益一般法人3月1日号」(発行:全国公益法人協会)に「小規模法人でもできる『ネット炎上』予防策」を寄稿しました。小規模な各種法人向けにネット・SNSの運営やリスク対策のポイントを解説しています。

当社代表・中村峰介が帝京大学でメディア・トレーニング実践講義

12月15日、東京都八王子市の帝京大学八王子キャンパスにて、当社代表・中村峰介がメディア・トレーニングの実践講義を行いました。

これは、同大学経営学科・片上千恵先生の授業「社会情報論Ⅱ」のゲスト講師として行ったもので、実際に企業など向けに提供するプログラムを実践。

学生さんたちの積極的な姿勢と高い対応力のおかげで、緊張感のある、充実した時間となりました。

https://www.facebook.com/Teikyotibo/posts/1529984613683457

包括的業務提携のお知らせ

ピーアール・ジャパン株式会社は9月1日、危機管理やメディア・トレーニングを中心とするコミュニケーション・コンサルティングを手掛ける株式会社大森朝日事務所(東京都中央区、代表取締役:大森朝日)と、包括的な業務提携契約を締結しました。

 

両社は今後、企業や自治体、政党、個人などを対象とする危機管理コミュニケーションやメディア・トレーニング、メディア・世論対策などの幅広い分野で、より高度なコンサルティングサービスの提供を目的に、共同でのプロジェクト実施やサービス開発を展開していきます。

 

㈱大森朝日事務所の代表取締役である大森氏は、時事通信社と共同通信社で計14年間、経済部での企業取材を中心とするジャーナリズム経験を経て、2007年にPR大手の電通パブリックリレーションズ入社。同社でクライシスコミュニケーション部長を務めるなど、危機管理やメディア・トレーニングなどの分野で豊富な実績を積み、2016年1月に独立・起業。同分野における国内有数のコンサルタントです。

 

今回の提携についてピーアール・ジャパン㈱代表取締役の中村峰介は「経験豊かな大森氏との協業によって、両社とも、よりハイレベルかつ信頼性の高いサービスをクライアントに提供できるでしょう」と話しています。
㈱大森朝日事務所代表取締役の大森朝日氏は「高い専門性を持ち、優れた実績を誇る中村氏と協業することで、弊社のサービスがより深化するとともに、両社のさらなる発展が期待できます」と話しています。

「クレーム対応 トレーニング」サービスを開始

ピーアール・ジャパン株式会社(本社:横浜市中区、代表取締役:中村峰介)は、新たなトレーニング・プログラム「クレーム対策 コミュニケーション・トレーニング」を開発し、2015年9月から、サービス提供を開始します。

これまで、個別のご要望に応えるかたち企業向けにカスタマイズで実施してきましたが、今回、正式にサービスメニューに加えました。

 

商品・サービスに関する消費者・顧客などからのクレームへの対応は、近年、多くの企業で深刻な問題となっています。

SNSの普及でクレームへの企業の対応ぶりがリアルタイムで不特定多数から“監視”される状況が当たり前になり、さらに「モンスター・クレーマー」と称される手強いクレーム主も出現。
こうした環境変化により、企業の担当者にかかる重圧と業務負担は、かつてないほどに重くなっています。

 

新プログラム「クレーム対策 コミュニケーション・トレーニング」は、レクチャー(座学)とロールプレイ(模擬クレーム対応)の二部構成となります。

レクチャーでは、クレームの類型と段階的かつ合理的な対応戦略を解説し、受講者に「クレーマーは怖くない」という認識と自信を抱かせます。
ロールプレイは、電話と店頭(現場)の2種類の状況設定で実施が可能。経験豊富な講師(クレーマー役)と受講者が迫真のやり取りを行い、その様子をビデオ録画したうえで再生・講評します。

 

全体の所要時間は2時間~4時間程度。受講人数は数名から50名程度まで対応できます(受講者多数の場合、ロールプレイは一部を対象に実施)。

費用を含む詳細は、当ホームページの問合せフォームからお問い合わせください。

当社代表・中村が危機管理ワークショップで講師を担当

6月17日、大阪市内で開催されたSMBCコンサルティング㈱主催の「経営セミナー」で、本社代表・中村峰介が「企業を守る攻めの危機管理」と題したセミナー(ワークショップ)の講師を務めました。

約40名の受講者を4チームに分け、模擬記者会見のトレーニングを実施。終了後は、懇親会で親交を深めました(写真)。IMG_8882

代表の中村がメディア・トレーニング特別講義を実施

当社代表の中村峰介が、びわこ成蹊スポーツ大学でメディア・トレーニング実習を行いました。スポーツ・メディア・トレーニングの第一人者でもある片上千恵講師が担当する講義に特別講師として招かれたもので、昨年に続き2回目。プロスポーツチームでさまざまなトラブルが発生するシナリオをもとに、本番さながらの記者会見を開催し、学生さんたちは真剣に取り組んでいました。

medeliatraning

当社代表・中村がびわこ成蹊スポーツ大学で特別講義

当社代表の中村峰介が12月19日(木)、びわこ成蹊スポーツ大学(滋賀県大津市)にて、「スポーツビジネス専門実習」のゲスト講師として、メディア・トレーニングの体験授業を行いました。

対象は、主にスポーツ・マネジメントのプロを志す3年生たち。スポーツクラブでの選手の不祥事などを想定した模擬記者会見で、本番さながらのトレーニングを体験していただきました。

反応は、下記、学生さん主導で編集している同大学Facebookページでどうぞ!

https://www.facebook.com/biwasupo/posts/191300577727307

biwakoseikeidaigaku

ネット選挙などについて当社代表・中村がセミナーを実施

2013年6月7日、「自由民主党横浜市会議員団」様向けに、報道対応とネット選挙への対応に関するセミナーを開催、当社代表の中村峰介が講師を務めました。

今夏の参院選から解禁されるネット選挙は、地方議員の皆さんにとっても重大な関心事です。

セミナーでは、活発な質疑応答が展開されました。

jiminseminar